神経痛 サプリ

坐骨神経痛とは何か

 

坐骨神経痛というのは、そのままの意味で坐骨の痛みが生じるものになりますが、多くの方がお尻の辺りの痛みだと思っています。しかしこれは間違いで、坐骨神経というのは腰から膝くらいに伸びる神経であり、さらに脛骨神経と総腓骨神経に分かれており、足先まで続いているものになります。つまりお尻だけではなく太ももやふくらはぎなどに痛みが生じることもあるということを覚えておきましょう。

 

ではこの坐骨神経痛の原因、症状、診断方法はどういったものなのか説明します。まず坐骨神経痛の原因についてですが、この症状を引き起こす疾患があり、椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症となります。脊柱管というのは背骨の後ろにある神経の通り道であり、高齢になれば腰部脊柱管狭窄症が原因で発症することが多くなります。

 

また椎間板ヘルニアの症状に関しては腰痛、お尻から足にかけての痛みが出てきますが、それ以外にふくらはぎが痺れたり、下肢に力が入りにくいといったような症状があります。また排尿や排便障害といったような症状が出てくることもあります。腰部脊柱管狭窄症の症状は安静にしていても痛みはないのですが、歩くとお尻や太ももなどに痛みが生じるというものになります。

 

これらの診断に関しては、問診で症状などを確かめて、その後にSLRやFNSTといった神経の疼痛のテスト、反射、知覚検査などを行います。またレントゲンなどを含めた画像検査も行うことがあります。坐骨神経痛の仕組みについて理解しておくといいでしょう。

 

頭皮や後頭部が痛ければ頭皮神経痛の可能性

 

急に頭皮や後頭部にピリピリした痛みやズキズキした痛みが出てくるといったようなことがあると、もしかしたら何か怖い病気なのかなと疑ってしまうことがあるかも知れませんが、もしかしたら頭皮神経痛の可能性があります。この頭皮神経痛についてどうして発症してしまうのか原因や症状について紹介したいと思います。

 

頭が痛いと頭痛になってしまったのかなと考えるのが普通ですが、頭痛は頭全体に痛みが出てきます。しかし頭頂部や後頭部といった一部分だけに痛みが出てきてしまうのが、頭皮神経痛の特徴であり片頭痛の可能性もありますが、違うのであれば神経痛を疑うようにしてみるといいでしょう。そして怖いのが頭皮神経痛は髪の毛に悪い影響を与えてしまい、薄毛の原因になってしまうということもあります。

 

ではそんな頭皮神経痛の具体的な症状に関してですが、まず頭頂部がピリピリする、後頭部がズキズキする、耳の後ろが痛い、髪の毛をとかすと痛い、洗髪で痛みが生じるといったようなものがあります。そしてこの痛みは突然引き起こされるということも特徴の一つとなるでしょう。また継続的に痛みが続く訳ではなく断片的に訪れるということになります。

 

ではそんな頭皮神経痛ですが、何が原因で発症してしまうのかというと疲労・ストレス・騒音・姿勢の悪さ・季節の変わり目などによって引き起こされてしまいます。つまり誰しもが発症してしまう可能性があるということになります。とにかくこういった症状が出たらすぐに病院で診てもらうことをオススメします。

 

神経痛のブロック注射とはどんなもの?

 

神経痛の治療というのは基本的に薬物治療が多いのですが、すぐに痛みを改善したいというのであればブロック注射がオススメです。細菌は、多くの方が即効性があるということでこの治療法を受けるとされていますが、そもそもこのブロック注射というのはどういったものなのでしょうか。

 

このブロックというのは遮断するというような意味になりますが、痛みが強い際に神経の伝達を遮断して痛みの軽減につなげるもので、具体的には痛い場所付近の神経に局所麻酔薬を注入して一時的に神経の興奮を抑制し、痛みで傷ついたところを治療するといったような治療方法になります。

 

簡単に言えば麻酔によって痛みを取り除いて、その間に血管収縮などを和らげるといったような治療法であり、今では局所麻酔薬以外に抗炎症剤、ホルモン剤がプラスされているので、炎症や腫れを抑えてアレルギー症状を抑制するといったような効果も期待することが出来るということになります。

 

ではそんなブロック注射のメリットにはどういったものがあるのかというと、まずは即効性があるというものであり、更に痛みに直接注射するので全身に対する副作用も少ないというのもメリットとなるでしょう。また局所麻酔薬というのは数時間で完全に蒸発します。

 

逆にデメリットはあるのかというと、これは多少のリスクがあり、神経近くに注射するので100%安全という訳ではなく神経、血管の損傷でしびれや痛みが出てきてしまうということもあると言います。医師の技術力が伴う治療となりますので、信頼出来る医師を探すようにしましょう。

 

坐骨神経痛は冷房で悪化してしまう?

 

昨今、夏というのは非常に暑く、また地域によっては最高気温記録などを競っている方も多いでしょうが、そうなると室内にいる際には冷房というのは必須アイテムとなるでしょう。しかしこの冷房というのは腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症の症状が悪化して坐骨神経痛のリスクを高め、さらに坐骨神経であるという方は症状が悪化してしまうといったようなことがあります。

 

ではどうして悪化してしまうのかについて説明しますが、まず腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛というのは神経の圧迫、そして炎症によって症状が表れてしまいます。そして炎症物質というのは血管に発生しますが、この物質が神経に反応して痛みが出てくるというものになります。

 

ですが血流が悪い場合はその炎症物質が蓄積されてしまいますので、そうなると症状は当然ながら強くなってしまいます。つまりこれがどういったことかというと、冷房をつけることによって体が冷えれば代謝が下がってしまい、それによって血行や血流が悪化してしまいます。血行が悪化してしまえば、前述しましたが炎症物質が血管内に蓄積されてしまって痛みが増加してしまうことになります。

 

では温めればいいのかと思われるかもしれませんがこれも違い、最もいいのが保温ということになります。とにかく何もしないというのが一番いいので、冷房をつけるにしてもまた冬だったら暖房をかけることがあると思いますが、その場合も寒すぎず暑すぎない適度な気温にするようにしましょう。

 

首や肩に引き起こされる神経痛

 

首、肩、腕などの医網というのはあらゆる原因で引き起こされてしまいますが、その一つとなるのが頚椎症性神経根症というものであり、これは首、肩の神経痛になります。この頚椎症性神経根症というのは加齢によって椎間板の弾力が失われてしまい、役割が果たせなくなることで椎骨同士がこすれての変形、骨の並びなどにも影響してきます。そして当然それによって痛みや痺れなどが生じてしまうということになります。

 

症状としては首や肩の痛みやしびれであり、さらにめまい、耳鳴り、肩こり、目のかすみといったような症状も出てきますが、この症状の強弱に関しては個人差があります。我慢出来るものから耐えられないような症状の場合もあるということです。

 

頚椎症性神経根症というのはそもそも自然に完治する疾患なので、最初は軽く体操をしたり、温めたり、安静にすることで様子をみてみてもいいかもしれません。ただ痛みなどがなかなか解消されないというのであれば、医師に相談するようにしてみるといいでしょう。

 

さらに首にネックカラーを装着することによって痛みが和らぐことも多いと言われており、さらに鎮痛剤や筋弛緩剤、またビタミンB12を服用したり神経根ブロックなどといった治療によって症状緩和に繋げるということも出来ます。ただ頚椎症性神経根症は治るまでに数ヶ月以上かかるということもある痛みが緩和されても無理な姿勢をとったりすることを避け、症状が出ないように注意する必要があります。そこを意識しながら治療をするようにしましょう。